ラスベガス最新インフォブログ
ラスベガスの最新情報をブログでお伝えします!
最新ブログはこちら >


ラスベガスの情報と地図を掲載した資料をご希望の方はこちらをどうぞ。
詳細はこちら >

ラスベガスでの移動手段

ラスベガスは見どころがコンパクトにまとまった街で、主要アトラクションはストリップ中心部かダウンタウンに集中しています。滞在中の移動手段としては、年代物のキャデラック・エルドラドまたは最新のコルベットをレンタルしたり、市バスやタクシーを利用したり、世界最新鋭の交通システムであるラスベガス・モノレールに乗ったり、交通機関の選択肢は豊富にあります。

エアポート・シャトル

もし空路ラスベガスに到着したなら、ホテルへ向かうのに最も経済的な方法はエアポート・シャトルといえるでしょう。シャトル乗り場はターミナルのすぐ外側で、タクシー乗り場と同じ場所にあります。
ストリップまたはダウンタウンまでの運賃は10ドル以下で、シャトルバスは24時間年中無休で運行されています。帰路も利用したい場合には、滞在ホテルに手配を依頼しておきましょう。

レンタカー

ラスベガスではエコノミー・タイプの車の平均的なレンタル料金は、1日につき25から30ドル程度です。ただしラグジュアリータイプの車でストリップを走りたい場合には、もっと料金は高額になります。また、祝祭日がらみの週末や大型コンベンション開催中の繁忙期には、通常より割高な料金設定となります(コンベンション・スケジュールは「詳細検索(アドバンスト・サーチ)」で調べられます)。
市内の道路は碁盤の目のように配置されているので、ドライバーにとって運転しやすくなっていますが、念のために常に地図を携帯しておきましょう。
レンタカー各社の検索はこちらからどうぞ。

バス&チャーター

数社のバス会社では、ラスベガス市内および周辺の見どころまでバスを運行しており、チャーター利用にも対応しています。 詳細はバス&チャーターをご参照ください。

リムジン・サービス

ラスベガスならではのスタイルで移動手段を選ぶなら、1時間につき最低35ドルで利用できるリムジン・サービスはいかがでしょう。料金は車種やサービスの内容によって大きく異なります。

駐車場

ラスベガスには無料の駐車場が豊富にあります。実質上、すべての主要ホテルではバレー・パーキングを無料で提供しています(ただし、車を出してもらったときに2ドルのチップを支払う習慣はありますが、全米他都市に比べれば、これでもかなりお得といえるでしょう)。
ストリップの路上は全面的に駐車禁止となっており、フリーモント・ストリート・エクスペリエンスがあるフリーモント・ストリートの歩行者専用道路の数ブロックは車の乗り入れが禁止されています。ストリップおよびダウンタウンで車を停める最適の手段は、ホテルの駐車場またはガレージを利用することです。ただ駐車場は広いので、どこに停めたか必ず覚えておきましょう。心配ならば、利用できるときにはバレー・パーキングを使うようにした方が安心です。

公共交通機関

ラスベガス市内には公共バス、シチズンズ・エリア・トランジット(CAT)が運行されており、地域内を網の目のように路線バスが走っています。ストリップ路線には2階建てバス“デュース”が運行中で、料金は片道2ドル。ストリップ以外の路線の料金は少し低めに設定されています。ストリップ路線のバスは24時間年中無休で運行されています。
公共バスの最新情報および運行スケジュールは702-228-7433に電話するか、CATのサイトをご参照ください。
また、ストリップに沿って各ホテルを巡るトロリーも運行されており、手軽な料金で乗車できるほか、1日乗り放題のパスも用意されています。トロリーの運行時間は朝9時30分から深夜1時30分です。
詳細は現地交通機関(ローカル・トランスポーテーション)をご参照ください。

タクシー

街なかではタクシーを手軽に拾うこともできます。料金は初乗り3.20ドルで、走行距離1マイルごとに2ドルが加算されます。

ラスベガス・モノレール

ラスベガス・モノレールはストリップの東側、リゾートホテルの裏側に沿って運行されています。運行時間は毎日朝7時から深夜2時までで、週末(金〜日)は深夜3時までとなっています。同路線はMGMグランドからサハラ・ホテル&カジノまでで、途中パリス・ラスベガス/バリーズ・ラスベガス、フラミンゴ・ラスベガス/シーザーズ・パレス、ハラーズ・ラスベガス/インペリアル・パレス・ホテル&カジノ、ラスベガス・ヒルトン、ラスベガス・コンベンションセンターに停車します。個人運賃、パス、グループ向け運賃の詳細は下記サイトをご参照ください。 www.lvmonorail.com  
    

市内の歩き方

ラスベガス市内には多数の交通機関が用意されていますが、徒歩で見どころを巡ることも可能です。ただ、ストリップの端から端までは、想像以上に距離があるので、全行程を歩くのはかなり時間がかかります。一方、ストリップのアトラクションを部分的に回るなら徒歩でも十分に楽しめます。噴水ショー(ベラッジオ)や火山の噴火(ミラージュ)、あるいは毎夜船上で繰り広げられる海賊と女神たちのバトルショー(TI トレジャー・アイランド・ラスベガス)などは格好のスポットです。また、歩行者天国となっているダウンタウンのフリーモント・ストリート・エクスペリエンスもお勧めです。
徒歩で市内を巡るなら、歩きやすい靴を着用し、夏季には水のボトルを持ち歩きましょう。

http://lasvegas.com/
英語版ホームページはこちらをどうぞ。

LasVegas.com >


VegasMeansBusiness.com
"会議の企画ご担当の方はこちらをどうぞ"(英語版)
VegasMeansBusiness.com >


ラスベガスに関する詳細な情報をご希望の方はラスベガス観光局まで。
詳細はこちら >
discoverUSA